ひねもすのたりん




  子供たちと3人、またーり気ままな毎日
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ぼやき。

久々(?)の愚痴。

どうやら波があるみたい。
定期的にどどーんとね。

いや、今回は愚痴というよりも溜め息?

そういえば、最近夢を見るんだよね。
元夫の。

これは私の中に未練があるってことなのかな。
あるといえばあるのかもしれない。
でもそれは愛だの恋だのってのじゃなくて、
いくつもの疑問が全く解消されないため。
それも未練ってことになるのかなぁ。。。

苦手な方はスルーしてくださいませ。






続きを読む >>
オモウこと | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

その後の話

運動会は日曜日に無事終わりました。

でも結局会いませんでした。
というか、会えませんでした。



※この先、またダークです。
 ご注意を。。。




続きを読む >>
オモウこと | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

子供の願いと私の愚痴

注)ダークです(私が)。ここぞとばかりに吐き出してます。
  了解した方はどうぞ私の愚痴に付き合ってください。
  苦手な方はスルーしてくださいませ。





いつもでかい声で大騒ぎするじゅんぽんが神妙な顔で
「ちょっと聞いてみたいことがあるんだけど」って言ってきた。

りぃにはナイショの話しだと言われて、何の事を言ってるのか分かった。



お風呂から上がって、りぃたんを先に寝かせて、じゅんぽんと2人。


するとじゅんぽんはソワソワしながら話しを始めた。


「ずっと思ってたんだけど、パパはどうして出て行っちゃったの?」


やっぱりそんな事考えてたのか。それもずっとなんだ・・。
パパにはパパのやりたことがあったんだよと話すと、じゅんぽんは
目からポロポロ涙を出した。


自分の所為で出て行ったんだ。



泣きながらそう言った。
自分がゴルフに行かせなかったから、とか
何度も嫌って言われても寝るとき耳を触ってたからだ、とか
次々に挙げて泣きじゃくった。
そうじゃないよ、じゅんぽんの所為なんかじゃないって宥めると
「じゃあどうして出て行ったんだよ!!!!」
って真っ赤な顔で、真剣な目で言われた。


どうして・・・
どうしてって言われても私だって分からない。
私だって聞きたい。どうしてこうなったのか。



じゅんぽんは、
最後にパパに「さようなら」って言えなかったからどうしても言いたい
それで、また同じ家で暮らしてって言いたい
もうゴルフに行っちゃダメなんて言わないから
だからパパを探してって私に訴えた。



じゅんぽんにはパパはもう何処にいるのか分からないって伝えてあるんだけど
諸連絡のため、メールのやり取りはしている。

元ダンナは、子供と会うことを終始どっちでもいいって言っている。
会ってもいいし、会わなくてもいい。
もし説明がつかないなら死んだ事にしてくれても構わない。と。

そんな適当に考えてるヤツなんかに子供を会わせるかってずっと考えてた。
結局元ダンナにとって子供はどうでもいい存在なんだと。
そんなヤツに、大変な部分は全て人任せで、
「大人になったら何でも相談し合えるような関係になれたらいいなぁ」なんて
夢みたいな事言って、たまーに会った時だけ親の顔されるのが許せなかった。

だから前にじゅんぽんだけに正直に話をした時に
『もうパパには会えないんだよ』って言ったのに。


そう言ったけど、じゅんぽんの心の中は全く違うんだよね。
最近お腹壊してたのも、プールの事だけじゃなくて、きっとずっと悩んで
ストレスになってたのかもしれない。
だから「じゃあ探してみるね」って約束をした。


多分近いうちに会うことになるんだと思う。
もうすっかり頭からパパが消えちゃってるようなりぃも会うわけで、
まさか子供2人、待ち合わせに行けるわけもなく、私まで付いて行かなくちゃ
いけないんだけど。。。
子供は喜ぶんだろう。
でも私はどんな顔で会えばいい?
まだ笑って話が出来るほど気持ちが整理できてるわけじゃない。

それよりも何よりも、多分じゅんぽんは思ってることを話すはず。
「また一緒に暮らしたい」と。
絶対否定の返事しか返ってこないのに。
そしたらじゅんぽんはまたショックを受けるの?
どうして、いつもいつも子供が傷つくの?


元ダンナは離婚する時、
「一番大事なのは自分の気持ち。子供はどんな環境でも育つから大丈夫。
 子供と親の関係なんてそのうち離れるんだから」
って言った。


アホかと思った。



世の中に子供より自分を優先させる親がいるのかと思ったけど、一番身近にいたなんて。
何が大丈夫なんだよ。
大人の理不尽な理由に振り回されて、結局一番傷ついてるのはじゅんぽんじゃない。

そしてその傷ついた姿を見てるのは私で、当の本人は
どっか違うところで、そんな現実も知らずにのほほんと暮らしてるなんて
あんまりなんじゃないの?
ちっとも大丈夫じゃないよ。
精神的に参ってお腹まで下してるのに。
土日に近所の子がお父さんとキャッチボールしてる姿を、どんな顔で見てると思う?
何も知らないくせに
自分の我侭を通したヤツの事なんか許せない。



でも、私がどんなに許せなくても
じゅんぽんはやっぱりパパに会いたいんだろうし、
私はじゅんぽんの願いを叶えてあげる義務があるんだと思う。



会うって決めた日は運動会の後。
じゅんぽんに伝えたらきっと喜ぶんだろうな。


オモウこと | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

紙1枚の分かれ目

例えば。

今日と明日で確実に何かが変わると知ってたら
その最後の時に何をするだろう。

例えば

今と今から1時間後で、今まで何の疑問もなく存在してたものが
跡形もなく崩れ去ってしまうなら。




最近、そんなことばっかり考えてて
でも結局答えは何も出なかった。






明日、私は離婚届を提出します。



結婚して丸9年。
決して揺るがないだろうと信じていたこの生活が
明日紙切れ1枚提出することで二度と手に入れられなくなるんだなぁと思うと
じゃあ私のこの9年間は何だったんだろうと思う。

決して辛かったわけじゃない。
でも楽しいだけでもなかった。
9年の間に子供が生まれ、それぞれ大きくなった。

そういうのがずっと続くんだと思ってたけど
私たち3人はただの重荷でしかなかったみたい。


たった9年かもしれないけど、私の20代の殆どを費やした9年間だった。


今一番思うのは
何も悪い事していない子供たちに”父親”という存在が欠けてしまうことを
すごく申し訳なく思う。
何回話し合っても、引き止めても、引き止めることが出来なかった私を
将来子供たちはどう思うのかな。

今、何も知らない子供たちは夏休みに何処に行こうかと考えてて
その中にもちろん『パパ』も含まれてる。
そんな話を嬉しそうにしているじゅんぽんの顔を正面から見るのは辛い。

たった6歳と4歳の記憶に何が残るんだろう。
特にりぃたんなんてきっと忘れちゃうんだろうな。
パパッ子のじゅんぽんはどれだけのショックを受けるんだろう。
明日、一人で届けを出す私は帰り道に何を思うんだろう。


これからのことを思うと 頑張らなくちゃ と思う反面、
どうしてこうなっちゃったんだろう って気持ちが渦を巻いてて
自分じゃどうにもならなくて困る。




とりあえずは 明日。
どうか持ち堪えますように。



オモウこと | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
BLOGLIST